部品の接続形態によって

インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性はかなり大きいというべきでしょう。

一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることがその後の治療に関わる重要な問題です。

そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は例外なく阻害する働きをします。

インプラント治療のために何でもできると思うなら、治療を受けている間はしっかり禁煙するべきでしょう。

人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、ほとんどの患者さんは、手術後、違和感を生じるのが当たり前の反応です。

数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので違和感を感じてもくれぐれも触らないよう我慢あるのみです。

しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。

こうなれば我慢は必要ありません。

すぐに診療を受けましょう。

他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗をゼロにすることはできません。

失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体に生じた問題、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目を損なってしまう問題もあります。

問題が起こるリスクを軽減するためにも、くれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。

無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、口の臭いが気になるようになったケースが歯科医院ではよくきかれます。

インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。

この原因としては、歯茎の合間に溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症している可能性も考えられます。

より深刻な事態を食い止めるためにも、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。

忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。

特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させることが必要条件です。

美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も事故を引き起こす可能性が増します。

最新の技術を用いれば、これらの病歴だけでインプラント治療ができないわけではないため歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。

インプラントの利用を考える際に、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。

それは、治療を行う歯科医の腕や、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、絶対的なことは言えないのが実情であり、人と状況によりけりなのです。

担当医の指示通りに痛み止めを服用し、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。

インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。

独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医がどのような技量を持っているかで決定的な違いが出てくると考えられます。

この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法だと言えます。

とにかく入念に、歯科医選びをすることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。

一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けたありふれたケースのインプラント治療も当然、院内感染のリスクはゼロではありません。

いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることがキーポイントの一つです。

感染症対策について、具体的な取り組みをホームページ内で述べている歯科医院も当たり前のようになっていますから、そこで調べるのも良いでしょう。

顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、それらのパーツの構成により、何種類かのタイプがあります。

人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられる1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。

2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれます。

この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。

歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたって術中の痛みが怖いと思います。

麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。

手術部位には麻酔をしっかり効かせて本格的に手術を始めるためです。

術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛みを感じることもあります。

痛み止めは頓服として処方されますので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です