歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的

長く根気のいるインプラント治療。

しかし、やっと治療期間が終わったといっても、ケアはそこで終わりではありません。

義歯を劣化させず長持ちさせるのは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。

歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。

結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。

さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。

ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。

安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。

治療の選択肢がそれしかない方にすすめられる治療なのです。

周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を選ぶしかないという患者さんに適用されるのが普通です。

インプラントは入れ歯に比べ、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。

虫歯をひどくしてしまい、とうとう抜歯を迫られました。

ブリッジでもいいですよと言われましたが歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、最終的にインプラントを選びました。

結構な費用がかかるデメリットはありますが、使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。

治療後、噛めるようになると、ほどなく違和感なく噛むことができるようになりインプラントが正解だったと思います。

最近よく聞くようになったインプラント。

差し歯とはどう違うのか見てみましょう。
雲のやすらぎプレミアム

差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。

つまり、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。

そのため、歯そのものを抜いてしまうと、埋め込む所がないので使えません。

一方、インプラントは原理が全く異なります。

これは、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。

歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。

ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは安定した使用感が得られ、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはインプラントにして良かった点の一つです。

両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。

だからガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。

骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに頑丈です。

キシリトールガムも、問題なく楽しめます。

重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。

特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まず既往症を完全に治しておくことを忘れないでください。

さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも事故を引き起こす可能性が増します。

もちろん、こうした既往症があるだけで治療の可能性はゼロにはならないのできちんと歯科医に相談することが大事です。

どんな完璧なインプラント治療でも、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、不断のケアが求められます。

食後の丁寧な歯みがきによるプラークコントロールを継続した上でインプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが必須条件です。

人工物のインプラントでも、普段のケアができなくなると歯周炎などの可能性があります。

これはインプラント治療が最適、とされるのは失った歯だけの治療で済ませたいという患者の希望がある場合です。

ブリッジ治療を例に取ると、義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。

インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、該当する歯の分だけ治療することになります。

他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという希望がある方には他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。

気になるインプラント手術の内容とは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに人工の歯根を埋没させて癒着させ、その上から義歯を付けるものです。

旧来の入れ歯と比べた場合、綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。

インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の極めて高い医療スキルを置いて語れません。

それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法ということであり、その分高額になっているのです。

数々のインプラント治療の問題点について、皆さん、入念に調べたと思います。

その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないという説があったのではないでしょうか。

それは気にしないでください。

MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。

当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。

しかし、インプラントは主にチタンが使われているのでチタンの特性として、磁気には反応しないためMRI検査への影響はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です