理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず

歯科治療の一環として、インプラント治療も様々な点で、失敗が起きる可能性があります。

どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体の損傷、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという審美的な問題が起こることもあります。

問題が起こるリスクを軽減するためにも、歯科医はよく考えて決めてください。

歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。

骨と一体化して安定した歯根となりやすく材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。

もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査などいろいろな検査を実施し、その結果を見て治療を始めるのが普通ですから納得した上で治療を始められます。

また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを定期的に行っていくことで、長い間、問題なく使うことが可能になります。

インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。

酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなどの事例もあります。

これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることに起因することが多いといえます。

インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。

インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、高額の負担が重くのしかかる方もずいぶん見受けます。

しかし、クレジットカードの分割払いや、例えば、デンタルローンと呼ばれるような独自の分割払いを取り入れた歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。

費用全てを現金で一度に支払えなくても、受けたい治療を受けることができるケースが増えました。

「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。

虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が健全であれば上からすっぽりとクラウンという義歯をはめられます。

根元から歯を抜いたときの選択としては、入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込む方法であるインプラントを用いた治療になります。

インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、3つのハードルを越えなければなりません。

まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。

あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、という段階を踏みます。

長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。

インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。

どんな問題がインプラント治療にあるかを皆さん、入念に調べたと思います。

問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるという問題はありませんでしたか。

それは違います。

磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。

しかし、インプラントは主にチタンが使われているので金属といっても磁気には反応せず、MRI検査への影響はありません。

重度の虫歯になってしまい、とうとう抜歯を迫られました。

ブリッジでもいいですよと言われましたが他の選択肢としてインプラントをすすめられて、インプラント治療に決めました。

費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。

手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん隣の歯と同じように使えたので私の場合は、インプラントが最適でした。

インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医でないとできないなら、国外までも探しにいくことも十分あり得ます。

インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。

長期間快適に使える歯を手に入れるため、すぐにあきらめることなく、可能な限りの情報を集めるしかありません。

デトランスαの評判
入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。

その義歯には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。

プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。

綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術が要求される作業です。

これには大変な手間と時間がかかりますから、その分、インプラントの人工歯は、金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です