インプラントは人工歯なので虫歯になる可能性はゼロですが、歯周病には気をつけて

インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けての普通のインプラント治療の中でも、院内感染の可能性は否定できません。

このため、歯科医院を探すときに感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることがキーポイントの一つです。

感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてきちんとホームページに載せている歯科医院も確実に増加していますので、調べるときは参考になるでしょう。

数々のインプラント治療の問題点について、様々な情報ツールで調べたと思いますが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという問題はありませんでしたか。

それは違います。

確かに、MRI検査では磁気を使うので当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。

インプラントには主にチタンが使われており、チタンの特性として、磁気には反応しないため検査で問題になることはまずありません。

皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。

ほとんどのケースは保険適用外で、全面的に自由診療になることが普通であるためインプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって一概に費用を決められませんし、歯科医院が技術料をどう見るかで費用が異なることも事実です。

加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかるといったことも他の歯科治療と異なります。

インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、一種類だけではなく、部品の接続形態によって複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。

人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているのを1ピースタイプといいます。

それ以外に、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。

2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれており、それぞれ特性が異なります。

1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、安堵するのはまだ早いのです。

インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。

劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。

自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。

さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、異常に気付くのも遅くなります。

治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。

無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、口臭を人から指摘されるようになったという件が歯科医院ではよくきかれます。

インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。

この原因としては、義歯と歯茎の間に日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっているという可能性もあるのです。

ひょっとして、と思ったら、早期に診察してもらうことが大切です。

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、金属の中では、骨との親和性が高い方で身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。

モットンマットレス
もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて本格的な治療がスタートするので患者も納得し、安心して治療を開始できます。

治療が終わったところで、重要なメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。

一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、トータルで30万円から40万円と考えてください。

地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに治療費は相当変わってくるので、事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。

チェック事項はいくつもありますが、まずインプラント治療経験者の口コミです。

多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。

インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は小さくないと覚悟してください。

インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが治療の成否を分けます。

組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。

この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、思い切って、治療が終わるまでの間はつらくても禁煙するのが正解です。

人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがメンテナンスは自分の歯より楽と考えてはいけません。

特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。

食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。

自分の歯に対する手入れと同じで良いので必要なお手入れをきちんと指導してもらい、完璧なセルフケアを目指してください。

また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です