日比とザキシバ

せっかく完了したインプラント治療も治療が終わるとその状態を保たなければならず、日々のケアが欠かせません。

毎日、しっかりブラッシングすることで完璧なプラークコントロールが必要で、定期的な検診を欠かさず継続することが必須条件です。

インプラントは虫歯にならないとはいえ、普段のケアができなくなると歯周炎などの可能性があります。

歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴に人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。

ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。

審美性を考えた場合、インプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優っていると考えられます。

また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという辛い面があります。

忘れてはいけないインプラントのメリットとして治療終了後、義歯だと気づく人はめったにありません。

歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く自然な印象を与えるので他の人に自分から言う必要もないのでこれは義歯だと思われることも考えなくて良いのです。

費用や期間より、見た目重視の方にとって最適な治療と言えます。

様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。

インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で全て歯科医の腕に任されているのでかなり治療実績には差があると考えられます。

この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法だということを理解してください。

できる限りよく調べて、歯科医を決めることが治療の成否を決めるのです。

人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがお手入れを必要としないと考えてはいけません。

特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。

食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。
ボニックプロは効果あるの?話題みたいだけど?

残っている自分の歯と同じく、必要なお手入れをきちんと指導してもらい、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。

そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。

一般的なインプラント治療は、3つの段階に分けられます。

第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというのが大まかなプロセスです。

長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。

ですから、インプラント治療全体では全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。

義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから当然、その度に費用を支払います。

普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診に通うことを指示されます。

定期検診を受ける費用は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず約三千円とみれば良いでしょう。

普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の費用を支払うことになります。

インプラント治療も医療行為ですが、普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。

確定申告の一項目として、医療費控除は医療費を収入から引くサービスを受けられます。

確定申告をするときの注意点として歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が医療費を払った唯一の証明ですからもらったものはしっかり取っておいて暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です