安武の目黒

がんばって終わらせたインプラント治療も、治療が終わるとその状態を保たなければならず、セルフケアを怠ってはなりません。

毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールは欠かせませんし、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが必須条件です。

インプラントが虫歯になることはありませんが、ケアが行き届かなくなると歯周病などのリスクが増します。

1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがそもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴にそこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。

ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一周削って、上にブリッジをかぶせます。

治療後、一見した感じでは、どちらかというとインプラントが優位に立ちます。

また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという辛い面があります。
ネックエステミストが口コミや雑誌で評判ですね!

インプラント手術の未経験者にとってかなりの痛さを想像してしまうでしょう。

インプラント埋入手術では、術中、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。

麻酔の効き方を確認しながら手術するのが普通だからです。

術後、腫れがでるのに伴ってだんだん痛くなってくることもありますが、痛みに備えて、頓服薬を処方されるので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。

インプラントの特長として、自分の歯に近い感じで噛めるので、どんなガムでも安定した噛み心地なのはインプラントにして良かった点の一つです。

隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。

人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらいしっかりした構造になっています。

もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。

様々なインプラント治療の問題点を広く調べたと思いますが、その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないという話があったのではないでしょうか。

それは気にしないでください。

MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。

インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なのでチタンの特性として、磁気には反応しないためMRI検査への影響はありません。

これはインプラント治療が最適、とされるのは他の歯に影響を及ぼしたくないという場合があります。

ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。

これが、インプラントの埋入なら失った歯のみに働きかける治療と言えます。

他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいと考えている患者さんには、やはりインプラント適用が一番でしょう。

手術して人工歯根を埋め込んだ後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。

人工歯根を埋め込んだことで、その付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためで時間が経つにつれておさまってくるケースが圧倒的に多いです。

ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、異変を感じた場合はすぐに歯科医に連絡することを心がけてください。

新たな歯科治療の形として注目を集めているのがインプラントです。

しかし、制約もあるので覚えておきましょう。

最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないということです。

これは重要な事実です。

インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。

糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりするケースがあり得ます。

そのような場合は別の方法に頼るしかありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です