小暮のグレート・ジャパニーズ・ドッグ

利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。

この点は、歯科医の技量や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、必ずしもこうなるとは言えず、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。

担当医の指示通りに痛み止めを服用し、腫れた部位を冷やすなどしても、なお数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、直ちに歯科で診てもらってください。

どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。

様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんにお薦めします。

抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。

義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を希望することになるというのが、多くの患者さんの実態です。

インプラントは入れ歯に比べ、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。

人工歯としてのインプラントは虫歯を気にしなくて良いのですが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。

せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングは手を抜くことができません。

しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、インプラント周囲炎の症状かもしれません。

放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから早急に診察を受けましょう。

全てのインプラント患者にとって、治療にかかる費用は気がかりでしょう。

実は、かかる費用は統一されておらず、歯科医院によって相当な開きがあります。

アイプリンで目元が若返る?アイプリンの効果は本当か?
保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、費用を自由に設定できるのです。

大まかな相場はありますので、心配しないでください。

歯一本分のインプラントで、40万円前後が一般的です。

インプラントについて、簡単に説明すれば自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯づくりを指します。

歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので強度や使用感が天然歯に近く、手入れしながら、長い期間使うことができます。

インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。

1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。

せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。

劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、必ず守るようにしてください。

自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。

その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。

自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。

インプラント治療の問題点を様々な情報ツールで調べたと思いますが、問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるといった話を聞いた方もいるでしょう。

それは気にしないでください。

MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。

インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので磁気に反応しない性質を持っていてなので、MRI検査には影響ないと考えてください。

どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのはどのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。

この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないため成功例ができるだけ多い、なるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。

それにとどまらず、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、きちんと感染症対策がなされている、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です