古川登志夫とアイリッシュ・セター

大きな効果を得られるインプラント治療ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。

全ての患者に関わるのは、高額な費用です。

難しいケースでは数十万円かかることも珍しくありません。

あとは、治療が失敗したとき、健康被害が起きると、かなり深刻化するリスクも背負っています。

本当に深刻な例では、死亡事故も実際に報告されています。

インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。

保険がきかない理由ははっきりしています。

インプラント治療と一口に言ってもブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。

インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、全ての治療を通した費用はかなりの額になります。

これを保険適用にしてしまうと、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。

初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。

まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。

歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。
ゴッソトリノで口臭対策!他のマウスウォッシュと違うの?

なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。

一方、インプラントは原理が全く異なります。

これは、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、その上に義歯を装着して固定するというものです。

原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも利用できるのがインプラントの強みです。

様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。

インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで全ては歯科医の裁量にかかっており相当な差があると考えるべきでしょう。

インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だと言えます。

手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることが治療全体の大きな部分を占めます。

皆さんがインプラント治療に取りかかる前、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。

この治療の費用は歯科医院や歯科医によってずいぶん違っています。

インプラント治療はほとんど自由診療のため、費用設定は歯科医院に完全に任されています。

それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。

インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが一般的です。

1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、安堵するのはまだ早いのです。

義歯を劣化させず長持ちさせるのは、どうしても自分次第のところがあります。

劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。

結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。

さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。

治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。

最近よく耳にするインプラントは、自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯づくりを指します。

ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため違和感が比較的少なく、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。

ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。

どうにもならない虫歯で、とうとう抜歯を迫られました。

両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、インプラント治療に決めました。

自費診療なので、かなりの額になりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。

手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん隣の歯と同じように使えたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です