ムササビでコシアキトンボ

初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。

読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。

歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。

そのため、歯そのものを抜いてしまうと、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。

では、インプラントの場合はどうでしょうか。

インプラントは、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。

原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも利用できるのがインプラントの強みです。

インプラントの特徴として永久に虫歯から免れますが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。

長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスが必ず求められます。

しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。

さらに深いところまで感染する可能性もあるため至急歯科医にかからなければなりません。

他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。

自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントが定着しなければ再び手術を行って骨を大きく削り直すことになります。

また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。

歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療が終わるとその状態を保たなければならず、日々のケアが欠かせません。

食後の丁寧な歯みがきによるいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが必須条件です。

インプラント自体は人工歯ですが、普段のケアができなくなると歯周炎などの可能性があります。

一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、基本的に一生と説明されることが多いようですが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。

口内のセルフケアを怠れば、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。

また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、その分、人工歯の寿命にも影響が出ます。

インプラント治療を始める前に治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。

この治療の費用は統一されておらず、歯科医院によってずいぶん違っています。

なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、費用を自由に設定できるのです。

それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。

インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのがおおよその相場と考えてください。

「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。

ベルタこうじ生酵素は人気ありますね!その秘密を徹底調査!
虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部が損なわれていなければ自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウン治療が可能になります。

その一方で、歯を抜いてしまった場合もし、入れ歯を採用しない場合、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込む方法であるインプラントを用いた治療になります。

喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は小さくないと覚悟してください。

一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が治療の成否を分けます。

周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素もかなりマイナスに作用します。

インプラント治療の成功を願うなら、最低でも手術から治療終了までの間、禁煙あるのみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です