スロベンスキー・チュバックと矢印

いくら成功報酬制を採用していると言っても、もし、浮気調査の依頼したとすると、その際の調査期間が3日間だったとすると調査を行う3日間で浮気の証拠を掴めなければその調査に関しては成功ということになります。

浮気しているのかは分からないまま、3日の間に浮気が発覚しなければ、浮気の証拠がつかめないまま、調査についてはそこで完了し、成果もないのに成功報酬を支払わざるを得なくなるでしょう。

飲食店などの領収証の記載には定食の数から一緒にいた人の数が特定できるように記載されている事もあるので、浮気と判断する際の決定的な証拠となるでしょう。

あわせて、クレジットカードの支払い項目は月ごとに点検するようにします。

仕事で利用したのにビジネスホテルではなかったり、一人で泊まったにしては割高な宿泊費である場合には、同伴者がいたおそれがあります。

GPS端末は、車の目に触れないところに装着して、常時、移動の内容を監視し続け、現在地を把握したり、記録されたデータを後で読み出し様々な分析をすることも可能です。

車より、徒歩、自転車、公共交通機関などを使う事の多い人なら、カバンにGPS端末を隠しておく、という方法もあります。

こうすることによって、パートナーの行き先や何時間滞在したのかもわかってしまうでしょう。

動き方を書き留めておくことで浮気の裏付けができることもあるでしょう。

大抵、人の日々の動き方には決まったパターンがあります。

しかし、浮気すると、その習慣が変わってしまいます。

時間帯や曜日に注目し、パターンが崩れたところを決定づけることができたら、注意して動きを観察するようにすると、浮気の裏付けがしやすくなります。

不倫した場合の慰謝料の相場は200万円前後ですが、ケースによっては50万円程度ということもありますし、ケースによっては400万円くらいのこともあります。

離婚しなくても慰謝料を請求することができますが、金額は少なくなってしまいます。

また、不倫相手の方が浮気を否定するケースでは証拠が必要とされます。

第三者からみても明白な不倫の証拠が不可欠です。

浮気の根拠を手にするには、最も確実な方法は探偵に浮気調査を頼むことです。

とはいえ、探偵への調査依頼は費用が高くつきますから、誰もが容易に依頼することのできるものではないでしょう。

探偵への浮気調査の依頼は、いくらくらいのお金が必要になるのでしょう?探偵事務所が変われば料金はまちまちなので、調査を依頼する前に見積もりを頼むべきです。

探偵を頼むにはお金が掛かりますから、自分でやってみようとする人もいるものです。

難なく尾行しているようにテレビドラマを見れば思ってしまいますが、現実とフィクションは違うもので、相手に悟られず尾行をするのはとても技術がいるでしょう。

変に思われてしまえば警戒されるので、浮気の証拠を押さえられなくなってしまうかもしれません。

相手の行動を見逃さないためには、その道の専門家にちゃんとお願いして、しっかり浮気を調べたほうがいいと思います。

結婚している相方が、浮気しているときでも別れたくなければ浮気相手との逢引現場に向かうのはやらないほうが無難です。

浮気の事実を突き止められると相手が逆ギレしてしまって、元の関係に戻ることができなくなってしまうことがあるでしょう。

しかも、浮気相手に直接関わった結果、精神的に、耐え難い苦痛を味わうこともあります。

探偵に浮気調査を依頼して払う費用内容は「実費」と「時間給」の2つです。

実費には移動にかかる費用、写真撮影にかかる費用などですが、張り込み時の食事代が加算される場合もあるみたいです。

また、時間給は調査員の人数×調査時間で、計算した費用です。

短い期間で浮気調査を終えると費用も安くすむわけです。

問題なく探偵が調査をしていても、依頼者自身が焦ったりして、パートナーが警戒心を抱くことになって浮気調査が困難になり、失敗してしまう場合もあるでしょう。

たとえ探偵が浮気調査をしても、絶対にあなたの望む結果になるとは限らないのです。

成功しなかったときの調査にかかった費用についても、契約書を作る際に探偵と依頼者で決めておくことがポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です